日記

アニメを継続してみる。

真剣で私に恋しなさい!は、境界線上のホライゾンみたいな感じだった
あれをSFじゃなくして、ややエロにする
しかし全体的に、ボケてる感じなので面白かった。

君と僕。は、男子高校生版のゆるゆりみたいなもので面白い。
ゆくゆくはネコバはああいう方向に持っていく。

ちはやふるは、ものすごく普通っぽい話しだった、競技カルタもの
ものすごく、カルタを練習する少年が主人公と対戦する話で。
テープで読み上げる上の句?で取るのだが
ものすごく練習してたという設定なので、テープ覚えててい圧勝するのは
当たり前なのではないかと思う。

ましろ色シンフォニーは、高品質ギャルゲのようなものか
続けてみないとなんともいえない。
雨の中で平然と丁寧な言葉で初対面の人と電話する主人公の根性はすごい。

マケン姫っ!は真剣で私に恋しなさい!と基本的には変わらない
ましろ色シンフォニーとも被ってる。
年上が好きな人用か。パンツがやたら見える、意味もなく見える。
たまに光で隠れる。見せないと見ないが見せすぎると、意味が無いという
うまいギリギリのところか。

見てなかった、TIGER & BUNNYがまたやってたので見る
面白い、何が腐要素になるのか不明。

↓を更新
スポンサーサイト

Comment

  • 礼門Z
  • URL

たくさんアニメ見てますなぁ、自分は見る暇がないので全然
インプットがないと駄目なんですけどね、創作というものは
拙作の「私の剣になりなさい!」と「真剣で~」はどっちが先だったかな、どうでもいいか
ネコバはどういう方向性に持っていくとかそういうのあったんですか!

  • エミリア九条
  • URL

最初のとこだけは、とりあえず見てみないと、面白いのかわからないものだわ。
真剣では、マジでみたいな意味かと思ったが、刃物だった。
私の剣になりなさいのほうがわかりやすくてインパクトがあるだわ。
ネコバはネコバ戦略があるらしい。うまくいくことはないらしいのだばさ。

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ