ドラゴンボール映画見た

深夜にアメリカ人版のドラゴンボールがやってたので見た。
名前とかわざわざ元のを使わずにオリジナルでやればええじゃんと思ったが、わりと
漫画版に近い感じだったキャラの配置と特徴も。カプセルコーポレーションとかアメリカ人には理解しやすいのである。
細かいとこの演出はできてて、わかりやすくテンポがいい。


しかし話がどうでもよすぎである。

最後のほうで、車が吹き飛ばされて仲間が大変なことになってるのに
わざわざ服を着替える余裕の悟空は謎
日食になって、悟空が大猿になるというので、ああなるほど
ハリウッドだからあの巨大な猿になって、超CGでピッコロと戦うのかすげえなと思ったら
体の大きさは変わらず猿になるだけである。服が破れるのを防ぐためか。

そもそもドラゴンボールを集める理由がよくわからないし、意味が無いのである、敵味方共に
なのに、専用に集めるピッコロの部下とかいる。
ピッコロを封印するためのアイテムがまた別にある、寺院に行ってナマステと言ったらくれる
でも、インド式じゃない寺である。
結局ドラゴンボールが余ったから、亀仙人を生き返らせてよかったねで締めようとするのだが
そのまえに、悟空の爺さんも殺されてるのにそれはどうでもいいらしい。

最後に、ピッコロが実は生きてて看病を受けてましたみたいな終わりは
意外性でもなんでもなくて、単なる意味不明である。
スポンサーサイト

Comment

  • 礼門Z
  • URL

ひどいシナリオだわ。きっとネコバ方式で作ったんだと思う。

  • エミリア九条
  • URL

ネコバ方式で億の金使ったらいかんぜ

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ