犬物語

ネコバ107

湾岸戦争の弾が光ってる高射砲のやつは
撃つ人がわかりやすいように、5発ごとに光る弾が入ってるとか
どこから空爆されてるのかわからないから
適当に撃ってるって。
中学校の先生か池上彰のどちらかに聞いた。
スポンサーサイト

Comment

  • 青羊
  • URL

さおだけ戦士って…どうした革命戦士。
それにしてもこの靴磨き、先読めすぎである。ビジネスマンのうんちくでも聞いていたのだろうか。

  • マグナ
  • URL

ほお、単純な絵で、あの映像をうまく再現できてるな。ここはうまい。
吉村フセインではあの癖の強さはなかなかねえものだが。

  • エミリア九条
  • URL

さおだけ戦士と言いつつ、何を言っているのか
自分でもわからないネコバ。
やはり、ビジネスマンとの会話で、わかってきたのだわ。

あのシーンはよく出ますからな、最初に出る
石油で黒くなった鳥は出ない、なぜか、捏造だからだ。
吉村先生は、ジェダルーク(ピラミッド)で、戦う敵
古代兵器で世界を支配する。
己も歴史に残るためにだ。

  • なな氏
  • URL

さすがネコバを尻突くしたエミリアさん
この緩さには勝てねえな
原作者に何を言っているである

  • エミリア九条
  • URL

緩ければいいってもんじゃないぜ

  • 礼門Z
  • URL

犬はいつも最悪な場所にいるなぁ
この頃からクスリで頭がイカれていたのでしょうか
カメはいつも自業自得やな

  • エミリア九条
  • URL

薬をやりすぎて、完全にイカれてもうたのだった
しかし、ネコバと同じ職業だからでもある。
ネコバは全然戦ってないようだが・・・
カメは調子こきすぎる。

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ