本当はエロかった童話~赤ずきんちゃん クリアまでやる

本当はエロかった童話~赤ずきんちゃん~をやってみた。ツクールエロゲである。

タイトル絵がものすごく好き。こういう良い感じのかわいさとエロさの絵がかけるようになりたい
のだが、なかなか難しいものである。模写する。
狼男獣姦、非常にいい。そして女主人公ものはレイプに限ると思う。

でも、売春とかもできる。カジノで売春可能アイテムを入手すると
それを装備することで、男キャラに話しかけると、半分くらいの人と売春である。節操が無い。
基本的には4パターンの絵を使ってるのだが、セリフは全て違う。そうせなあかんのやろうなあ…。

立ち絵が常に左に表示されており、脱衣が3段階があり、それぞれポーズが変わる
恥じらいを持ったポーズ。

この立ち絵をどうするのかというのがエロRPGを作る上での考えどこだったりする。
衣装がひとつしかない場合は、このポーズをいろいろ作るというのが可能なのだが
衣装が複数ある場合、ポーズごとに服を描く必要があるので、衣装チェンジに
重点を置くか、動きの表情に重点を置くかで変わってくるのである。
3Dのゲームの場合、その両方が可能なので非常に3Dの時代なんだなあとも思う。

このゲームは戦闘が無く、歩行グラで敵を避けて進む、避けゲーであるが
中盤から理不尽に難しくなり、かなり足止めを食らう事になる。
志向を凝らした工夫された面ほど難しく、先に進めないので
エロゲーにおける普通ゲーム部分の作りこみは余りやらないほうがいいと思った。

エロとゲームではなくエロのゲームであるべきなんだわ。

クリアしたがバッドエンドAであった。
スポンサーサイト

Comment

  • 礼門Z
  • URL

立ち絵がいいですなぁ、よくある膝から上の構図ではなく
ほぼ全身が入ってるあたりにコダワリが感じられまする。

  • マグナ
  • URL

エロではあるな。今後このシリーズで続けていくのかサークルの人は。

>エロとゲームではなくエロのゲームであるべきなんだわ。
だなあ。

  • エミリア九条
  • URL

ツクールの解像度だと、全身入れると画像が潰れて
ダメになりがちなんだけど、これはなんかうまくいってるんだよなぁ
絵がそうとううまいんだとおもうのだわ。

このひとがずっと作ってくかはわからないとこだわ。

ああなるほど!
確かにツクールで全身入るとちんちくりんになってるのが多いね
さすが絵師、するどい目線だ

  • エミリア九条
  • URL

うむ、しかもいうほどロリでもないでいける
綺麗に入れようという欲もでる。
低解像度でも絵を描くのは案外むずい

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ