エミリアフィの復活 絵の描き方の本

エミリアのアフィの大本だったDLサイトのアフィもマグナと統合し、エミリアフィは壊滅した
そんで、別のブログにDLサイトのアフィを開発するも、また記事は1つ
そんな中、アマゾンのアフィでアマゾンギフト券化してもらえると書いてあったのでコレだと思った
酷いときは一度に10万円分のアマゾンギフト券を買った位、なのでアフィで循環させるべきなのだ。
だがダウンロードで率のいいDLサイトのアフィではなく、利益の薄い物理アフィなので、かなりきついのだ。

でもせめてアマゾンで買ったもの位は還元させろである、このやろう。


なので大体買った絵の描き方の教本でどういうのが役に立ったのか書くのだわす。
こないだ網野氏との会話で出てきたものである。(萌え絵が描きたいらしい)


この本、通称ルーミスは人間を描くに当たってかなり重要であり基本らしく
GK氏とかエロの出来杉君氏とかも非常に話題にしていた。
特に肉質的な描き方が練習でき、エロ絵には格段に効果がでたそうである。
実際中身は人物画の基礎となるリアルな体の比率とか、重心の描き方
こういう人物を描いたほうが受けるという実践的なアドバイスが書いてたりする。


優しい人物画というタイトルなのに、実際難しいとされるルーミスだがそんなんでもない
ちょっと絵になれた小学校高学年くらいなら十分理解も模写も出来る。
人物の基本的な描き方はここらへんから読んで練習すればいいらしい。



似たような感じで薦められたのがコレである、アーティストのための美術解剖学
高いし分厚い
ルーミスに近いのではあるが、こうやって絵を描けという指導はあまり無く
人体の構造の仕組みがやたら詳しく書いてある、なので身体細部の構造を必要とする
演出だとか、単純に手とか色んなとこのアップを描くとか、立体的なものを作るとか
そういうのに向いてる
写真はなく全て絵なので、グロいのはいかがなものかという人にもいいのではないか。



それで、これだわ。実際上の2つの本で描けるのは写実的な人間までで海外の本でいいのだ
だが、萌え絵の描き方の本は多分日本にしかない。
私も基本的に漫画的な絵も苦手なので買ってみた。
思いつきそうでそうそう思いつかないのがポーズですわ
この本も割とそこそこ書いてる人がポーズを参考にする本で基礎的な部分はあまり無い
そして、ポーズと、そのポーズをとった場合の萌え人体の具体的な肉の感覚や
どこがどう見えているのかという説明と解説があって良い。
ポーズ、しぐさ、表情の組み合わせで、何を表現するのか
表現するための演出法としての基礎が描いてあるので、萌え絵を考えるなら必要であるわ。
モノクロなので色を塗るのは参考にはならないが、そういうのはまた専門の本を読めば良い。



そして総合的に必要だなと思えるのもこれである。
萌え絵の教科書応用編
いつもDLサイトで見るメインキャラの人の絵である。
これはぶっちゃけ買えである。
総合的に濃い、この人の今までの実践的な経験から導き出た方法論であり練習法であり
いわゆる日本の戦国時代で合戦をしてそこで必死で生き残るために編み出された
身体操作の方法、その身体操作の体系が兵法・武道になったのと同じく。
こういうものを描くときにはどうしてもこういう方法、こういう描き方、こういう見方を
するという失敗と成功の繰り返しで出来た兵法書のようなものだと思う。
だから宮本武蔵的なものなのかもしれない、実際宮本武蔵も絵師だし。
なので、楽に絵を描くためのマニュアルでは無いのだが、水増ししていない
方法と考え方、自己絵の批判のやり方が描いてあるので、ある一定以上の絵を描きたいとか
今より向上したいと思う人は買うべきなのではないか。



あとこれは、関係ないですけど
選ばれし者の知的飲料ですね。
私はねMAXコーヒーなんか押すつもりは無いんですね
ちょっと前までは非常にまずかったんですが、最近は美味しくなった
一本あたり161カロリーだって、へーって感じだよね。多くもないけど少なくもないじゃん。
コーラに飽きたらドクターペッパーを飲んだほうがいいよ。

ブルマ氏に薦められてルートビアを飲んでから、もう非常に美味しく感じるようになった
めったに売ってないが、団地の販売機にあるので有り難いのだ。
ルートビアは本当にまずい、ウナコーワクールの匂いで甘い液を飲めというセンス
興味本位でも絶対に買ってはいけない。マジで。


スポンサーサイト

Comment

  • マグナ
  • URL

結局エミリアマゾンかよ。殆どアマゾンだより生活だわな。儲かるのか? 確か何割か減になったという話を聞くが。

西洋絵画の本も参考にしてる日と結構いるんだなあ。五十年も前に死んだ人の本だが使える物か。グロもそれだけはただのグロだが絵に描くことになって美になる事があるから不思議なもんだわ。

兵法や武道も様式化するからな。過度にそうなると精神論になってあんまり技術的な物は重視されなくなるものだ。

  • 産二郎
  • URL

最近ドクターペッパーを初めて飲んだんですが、全然まずくないじゃんと思ってたら、
やっぱり美味しくなってたんですね。古参のドクターペッパーファンは切り捨てられてしまったのでしょうか。

  • エミリア九条
  • URL

わからねえ、多分あんま儲からないと思う、どうやったら儲かるのかすら分からない。
きららに迷走してるなと言われる程にだ
絵は様式化の面もあるし精神論の面もあるのだわ、だから最終的には慣れみたいなことになる。

古参のドクペの人が、なぜあの感じを好んでいたのかはわからぬのだが
まずい飲み物では無くなったのだわ。
しかし、まずいのを喜ぶ古参はありえるのかという疑問にも繋がるのだわ。
非常に難しい難問なのです。

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ