日記

ソフィーの世界という本を注文して届いた、アマゾンで買ったので厚さが分からなかったが600ページもあった
ので、メールじゃなくて宅配的なものになってた、本そのものは1円なのに。
1章読んだ、読みやすくて面白い、飽きなさそう。
世にある読みにくくて分かりにくい本の存在は一体何なんだと思った。


スポンサーサイト

Comment

  • なな氏
  • URL

すっげえ厚くなってる
これなら谷岡の弾丸も貫通出来ない
はっきりわかんだね

  • ノラ
  • URL

昔読んだなぁ 哲学の勉強?

  • 九条エミリア
  • URL

遠距離の銃弾なら止まりそうだわ
谷岡は尻に直だから・・・。

読破した?ノラ読んでたんだわ
哲学を物語に活かすにはどうすればいいかなと思った。

  • 礼門Z
  • URL

書き方の問題というのもあると思いますが、
わかりやすく書けるのは、わかりやすいことだけ、ということもあります。
クッソ頭のいい哲学者でも「究極のところ、世界はわからない」が結論だったりするわけで
「究極にわからない」ことを「わかりやすく」は書けないです。

  • 九条エミリア
  • URL

分かりにくいとこはわかりにくいのだわ、しかし分かりやすいとこも分かりにくいものも
多いのだわ
わかからないものをわからないと書けば、非常に分かりやすいのだわ。
マグナの小説は意図的にわからないように何故か書いてあるのだが
そういうのは多い気がするだわ。

  • ノラ
  • URL

ソフィーの世界は読破した
当時だいぶ流行ってた
あらすじだけ言うと単純な話だった覚えがある
哲学については忘れてるな、たぶん……
哲学を物語に活かしたら深みがでそう

  • 九条エミリア
  • URL

えらいなーNRは、たまげたのだわ
一日1章ずつ読んでる。面白い苦にならない。
忘れてるじゃん・・・・・・・・・

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ