日記、昨日の続きで考える

それで昨日からの続きで考える。

味方間の中のレベルの強弱というのを考えて無くて、レベルによる強弱は割とそのまま強弱であったほうがいいと
思った。

想定してたのは、何かに特化した強キャラとか、万能型とかと、それとの比較としての
レベルは普通にある凡キャラということでもあったのかもしれない、それでも弱めなんだろうが。

昨日考えてたのは腕力とか、知力が高いキャラにダメージが入りやすい攻撃を敵がしてくるという事くらいしか
あんまり思いつかなかった。

よく攻撃力の高いキャラが全体攻撃をやろうとして、混乱させられて、味方がくらって全滅するという事が起こるが
偶発的に、ナチュラルにそういうことが起こってしまうのが面白いのであって、それを仕込むのもまた違うのかもしれない。

だが基本的にはそういう事の面白みがいいのである。それに大して何で凡キャラが役に立つんだという疑問もあるが。


パーティ編成システムがあるとやはりどんどんシナリオとゲームの分離が進むもんだとも思った
キャラのバランスが悪い方がシナリオが前に出てくる気がする
バランスが整ってるキャラと、編成システムと、とにかく強くして勝つのが目的とムービーを流すのでは
そりゃまあ、やってて面白くはならないかもしれんとは思った、わかんないが。
FF4は好きではないがなんかあのやってる感は侮れんと思った。

キャラは決まってるが職業を変えられるFF5的なやつも、何か薄まるものがある

そう考えるとパーティ編成してるのにやたらドラマティックなFF6はうまいやり口だと思った。
だがあれはまだ4人パーティで、昨今の3人デフォに比べたら露出が多いのもあるかも。

サガ系はキャラ多いがパーティ編成は不便だし案外固定的だからな、人も多いし。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ