FC2ブログ

エミリアブロマガ 13回目 2月16日

エミリアブロマガ 第13回

発行 九条エミリア

チャット用SkypeID emiliakuzyou


メール emiliakuzyou@hotmail.co.jp


----
寄稿アイコン2

帝国集合
モグラくんは


セクシア~最後の12日間~

インモー「ギンギン連邦軍は広範囲で陣を突破し前進しております」
セクシア「ハガネの攻撃で平穏を取り戻すじゃろう」
インモー「皇帝陛下、ハガネは……」
エピタフ「ルースに一騎打ちを挑んで母乳イキしました。ハガネは攻撃を実行していません」

セクシア「……ネコバは本当はかわいくないと思ってる者は残れ」

インモー「……」
エピタフ「……」
ガダマンクス「ウホッ」

セクシア「全員かよだわ! これはエミマガの寄稿じゃぞ? ネコバdisとか正気か? ネコバのどこがかわいくないと言うのじゃ!」
インモー「陛下、承服できません」
エピタフ「バズーカを持っただけの太った白猫です」
セクシア「世界のネコバだわ!」
インモー「少し落ち着きましょう」
エピタフ「だいたいネコバは私たちの敵だったじゃないですか」
インモー「犬もやばい」
セクシア「犬は……」
エピタフ「モグラくんはかわいいですけど」
セクシア「確かにモグラはかわいい。とにかくエミマガブロリアだわ! また奇行と言われてしまう! ネコバdisなんていかん危ない危ない。ネコバ界隈の者たちに潰されるぞぉ!」
エピタフ「ネコバ界隈なんて存在しません」
セクシア「もう少し取り繕うのじゃおまえら!」
エピタフ「ネコバはかわいいですね」
インモー「ネコバはかわいいですね」
セクシア「まったく心がこもってないだわ。ボ卿の真似ではないか? 前もアビスのネタはやったのだわ! ちくしょーめー!」
インモー「度し難い……」
セクシア「ダークフェライなどと呼ばれているが、小学生が考えたような低俗なパロディばかりじゃ! 覚えたのはバイブとディルドの使い方だけじゃ! 淫夢厨はスケベの邪魔ばかりしおって! 考え付く限りの手段でホモビで遊びおって! エロスが足らんかったぁ! わしもやっておくべきだった! おまんこの大粛清をすれば良かった! スターリンのように!」
エピタフ「スターリンはそんなことしてません」
インモー「元ネタの台詞を脈絡なく使うのはやめましょう」
ガダマンクス「おっぱいぷるんぷるん!」
セクシア「だめだぁ、おしまいだぁ……好きにしてちょうだい」
エピタフ「モグラくんはかわいいです」
インモー「落ち着きましょう」
----
落ち着きましょう。
近日に艶のあるモンスターが出そうですな……。

ネコバ氏は召喚獣みたいな感じだわ。



----先週のブロマガの反応(重要)
https://twitter.com/erontycoon/status/1226321153355968512

エローン大君陛下のTweet
・スレッドにまたがって書いて下さっています
凄いゲームほど埋もれていったり消えていったりする……、妖精惑星クラリスとかもソシャゲ故に
DLも遊ぶこともできない……

ハードエロス氏の寄稿には衝撃を受けたものだわ。


https://twitter.com/SIROKUNAINEKO/status/1226545677573820416

・白い猫さんのTweet
メールブラーナ面白そうなんだわ
太閤立志伝の動画で天下統一したら、朝鮮と中国から軍団が来るシナリオを作ったものがあって
ラスボス勢力だわなあと思ったのだわ。
国盗り系のシミュレーションゲームは自分が最大勢力になると、相対的に最後は簡単になってしまうから、良い方法なのかもしれない。


https://twitter.com/DsProduction2/status/1226273623133962240

だいすさんのTweet
・私は禁忌を犯してしまったのだわ……


https://twitter.com/hollowsacrifice/status/1226321295215738881

ホロウさんのTweet
・やはり禁忌の漫画になる。

https://twitter.com/leimonZ/status/1226302631124983808

・礼門先生とアッラーに禁忌を犯すなと警鐘される、私はとんでもないことをしてしまったのだ。


https://twitter.com/Cynoroid/status/1226274304993587201

ばーすからさんのTweet
・読み方は自由だったのだわ。
猫場とワニ
ネコバさん15

----主に今週のまとめ

https://vr18.jp/archives/34914
清楚系VTuberがガチAVデビューで処女喪失!「柚木凛AVデビュー作!清楚系vtuber初めての処女喪失生中だし!」
・ぬわ。
なにがなんだかよくわからん
エロ3Dアニメじゃないか。

https://gigazine.net/news/20200212-vtuber-projekt-melody/

https://vr18.jp/archives/34900

・そしたらこれだわ、アダルトチャットにエロバーチャルユーチューバーだわ。
『バイブの動きに応じて気持ちいい声を出すMelodyちゃんの姿に2次元嫁を夢見ていた海外紳士も大興奮。
中には10000円近い額である1000tokenを連続で投入する油田紳士の姿も(英語でoil princessと呼ばれてました)』
やはり石油王さんの一族が出現していたのだわ。

久しぶりに最先端だなあと思ったのだわ、最先端なものがキュッと先端で一つになると
Melodyちゃんとなる、とんでもないモンスターが出現してしまった。

これはそうとう凄い気はする、中田だ西野だとかサロンだバーチャルユーチューバーだなんだとか言ってるよりも先に行った
ほぼ全ての要素を含んでいるからだ。



https://twitter.com/fuwacina/status/1226556716478656514

・音楽のコードのツイッターにあった、よく分からん
AUGというコードはこういうとこで使えという教えであった。

AUGっていうのはブルパップのアサルトライフルのことである。


----
寄稿アイコン1


オタク文化とhiphopと俺と地方の関わりとかも書こうと思えば書けるのだが、
また長文になるな、
書く事はあるんだが、書く気力が無い、
[絶対服従プリズムスターズ -超自由RPGで恥辱の永遠命令させろ-]
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ266483.html
がもう怖くて見れてないが、プレイトータル150時間近くなってんじゃないかと思う、
これを一日4時間やってしまうと、もうその日はゲームなんかやらない! という気分になってしまうのだ、
だがそれでは立ち往かぬ、
なぜならゲーム感想を書くのが111なのだから。
まぁおかげでやっとラス面らしきまでは来たが……。
あいうえおの中にも、愛はあるんだからな……(それは前々作のRPGですね)

うわっ! なんやこれ!?
へっへっへ、クロムのここん所のこそぎ肉ですわ!
もうなんやねんっ、気持ち悪いっ!
(プレイした人にしか分からない話を、野性爆弾の感じでやるのであった)

・・・・

最近はspineのボーン設定を学ぼうとずっとデカパイ弄りをしているんだが、
胸、乳房、おっぱいといった物の揺れ方を深く考えると、本当に今まで見ていた物が疑わしくなるな、
乳揺れ……? 揺れるのは分かるが、あれをどうボーンで再現すれば……?
(Live2dとかの話は知らんが、spineには乳揺れに最適化したような設定とかは無いのだ)

これが霧幻天神流よ(ゆさっ)

・・・・

それでspineの設定を日々毎日やり、実際学べてるのか分からないというのはキツいものだし、
やっぱ自分は常にコードを触っていたい人間ですやんか、on dayで。
設定は設定として、別の事をやるのだよ。
次に詰まってるタスクは何か?
つまりは、エロトラップダンジョンの第二弾である。
(殆どの人は忘れてるだろうが、1つやっただけでは点、2つやって線、これで敏捷い人がようやく気付く、
3つで三角みたいな図形になり、おおよその人がやっと気付く……という理論で、
エロトラップダンジョンは3作出す、と前から公言しているのだ。

ところで、どうです?
最近前から111が提唱していた、エロトラップダンジョンもspineみたいなボーンツールもようやく増えて来てませんかね?
そうでもない?
こうなると、(前々から薄々感じてた同類項ではある)スマホのエロゲも来るんですかねぇとエミリア氏に告げた所、
もうあの人は、すぐ否定から入る。
それで日を改め、こんこんと事実を説いてやった所、
「流行るやんけ」
と了承したのであった。なんなんだ……

しかしspineみたいなボーンアニメのツールも、エロトラップダンジョンも、そしてスマホエロゲも?
前からこれは来ます、などと予想自体は出来ても、
spineは英語が分かんなくて操作の仕方から難航したし、
エロトラップダンジョンも自ら作ったものの、予測から完成までが余りにも遅すぎる、
スマホエロゲもまぁUnityが主戦場になるんだろうけど、Unity嫌いで知られる111だからなあ……と。
(もしかしたらツクMVでもいけるだろうか、次点でティラノスクリプト……?)

まぁ思うに例えばエロトラップダンジョンであれば、ツクMVで最適解で作れば良いものを、
自分の成長も重ねてやりたがる、それが111の詮無い所なんだろうな。


ともかくエロトラップダンジョン第二弾である。
今度はWヒロインだとか、もっとRPGぽい感じが欲しいですねとか、
続編に相応しいボリュームアップは色々企画出来るが
(逆に第一弾のおっぱい・ロリ乳首責め母乳噴かし特化、みたいなフェチ性癖に依らない怖さはあるが……)
まず自己の成長としてやりたい事が、この俺にはある。

第一弾の[ありすの乳頭エロトラップダンジョン]
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ209433.html
ではあろうことか、トラップの諸データからイベント管理、そしてイベント中のテキスト、使用画像やSEまで
全てプログラム内のコードに埋め込まれていたのである

だから、[nekoba1-1,nekoba1-2,nekoba1-3]
みたいにコード中で使用画像を宣言し、
別の場所にあるテキストから

"ネコバが喋る"
>>"@bazu-ka@「この革命は一癖あるぜ……。」"

等々していた。

>> は予め登録されていた使用画像を一枚めくる、
また@bazu-ka@はそのSEを使用するという事である…。

こんなのが全25イベントくらい? 細かい差分とか合わせるともっと?
という、それなりの文量になって、それを俯瞰して、果たして誰がピンと来ますか?

テキストだけではそのイベントにどの画像が使われてるか分からねえモンだから、
わざわざ別のエディタで
(えーっと、このイベントに使われてるのは……nekoba1-1だな……)
とか確認し、そのnekoba1-1をwindowsの別フォルダで開いてこれか、と確認する。
>>
の一枚めくりは一見、手軽でナウい若者みたいな実装に思えたが
画像差分が多く、テキストが長くなってくると問題だらけとなった(まったくの近視眼的であった)

>>の数え間違いやら、指定のミスで違う画像が表示されちゃう、
差分が一枚ずれてるんだよなあ、みたいな事が頻々と起きたのだ。

ずれてる事を確認するにもまず
[nekoba1-1,nekoba1-2...]
という使用画像一覧を見て、
それから>>の数、指定してる部分を一つずつ数え、どこでずれてるか目視チェック……がくっ。
(この際に@bazu-ka@ってどういう音だったけ? とかも気になるだろうが、それもその場で確認とかは出来ない。
それもwindowsの操作で別途、ファイル再生とかしないとダメなのだ)

それと根本的な問題だが、画像は戻るって事も考えられるのじゃないかね?
たとえば乳揉み差分とかあったら、揉み・離すなど、繰り返したい時があるんじゃない?
で、じゃあ今度は
<<(戻る)とかの機能を付け加えたら、
ますます画像ずれた時のチェックが手に負えなくなるねえ!
(実際には
[nekoba1-1,nekoba1-2,nekoba1-1,nekoba1-2]
と繰り返す分だけ同じのを宣言して、ひたすら読み込むようにして回避したんだが、これも……)

自らが設計したアーキテクチャなればこそ、自らの甘い考えを痛感させらるる

正直ゲーム的な遊びには乏しい、ADV的な側面も強いソフトなのに、
そんな所の手間から、文章の洗練にもなかなかこだわれなかった悔しさもある。
創作物というのは注ぐ労力に才能、肉体的な健康やそれに制作環境などが水を濾過する玉砂利のように重なった最後の一滴であって、
設計が、ツールがしょぼければ当然、
降りてくる結果、そのクオリティも満足に上がらないものである。

そこで第二弾に掛かる前に決めていたのは、まず初めにもうちょいマシな環境を作ること、であった。
そこからやらないといけない。
具体的にはまずトラップのデータを外部テキストに、
カンマ(,)区切りのcsvとして制定し、その上で独自に拡張する所もありますから、
その変換的なコードを書いたのだ今週は。

自分で扱うデータなのだから、自分の裁量で勝手に定義すれば良し。
自分のお金で好みのパンツを買い、今日からはそれを履くのだ


…などと謳歌していたら、再びエロトラップダンジョンクリエイターのバグ報告があったのだった。
もうええやろ……終わった話や…。
しかしこれにもある程度の責任を持っていかねばならない

毎週のように発見する事はあるが、しかし収入とかは特にそれと比例しないのだ……。
何故なら収入とは、前にも同じ物を集めたり同じ事を続けたりすると増えるよとかで触れたが、
とどのつまり、ポジションだからである
会社内なら役職のポジションは絶対だろうし、そうでないクリエイター業とかでも、
他より上だという位置付けがあるから仕事が来る、あるいは他より多く売れる訳で。
SRPGを作れる人が少なさそうだから、もし発売できれば儲かりそう、だからそうしようとする……、
そういうポジションを狙うことを決める。
努力も発見も、ポジションに貢献してこそ。

ただ発見をして日々草紙などにそれを書き綴ってる人は、まぁ昔風に言えば書生? 隠遁者? という類いであって、
歴史で見れば、それらのポジションが儲かる位置だった事は、あんまり無いわなあ……

----
150時間もそのゲームをやってるのだから、そのゲームの記事を10回くらい書いたらいいんじゃないですかね……。
同じくらいハマってる人もおるでしょう。

『1つやっただけでは点、2つやって線、これで敏捷い人がようやく気付く、
3つで三角みたいな図形になり、おおよその人がやっと気付く……という理論で、
エロトラップダンジョンは3作出す』
これは途中まで、ヌルソフトの説明かと思った、3つボーンを入れると立体的になるんやと。

自分のツールの使用で自分で苦しむというのはよく分かりますね
ウディタでは基本システムを全部消して作ってるので
実質仕様も自作して、どう動くのかというのも自分で作らないといけない
そんで、リサヴェリのローグライクとか今作ってる、サガツクール2000VXAのRPGのシステムとかも
どうやって作るのか分からないで仕組みを作るので、後の方になって、そもそものゲームの作り方とか
仕組みのやりやすいのが分かるので、苦しむのである。

こいしのあやつり調教ローグライクは、ローグライク2回目なので、ものすごい楽だわ
楽に、無駄なく、汎用性と拡張性が高くなる、UIも良くなる。






----エミリアちゃん報告書

・母に北海道の海老をもらったので、エビフライにして食べたとかメールをしていたので
ついでにInstagramに上げた、その料理した写真のURLを送った
https://www.instagram.com/p/B8QW7bnnecw/
そうしたら、なぞのアカウントからのいいねが
そのアカウントのフォロー先を見たら、伊豆観光協会が
母やった。



■サウジアラビア情勢

サウジアラビア姉貴とPUBGをやっていたら、姉貴のマイクから謎の音声が流れてきた
ファット イズ サウンド? と聞いたが、クソ雑魚発音なので通じなかった

と思われたが次の日にこの様なリンクを貼られたのだった
https://www.instagram.com/p/B3UEpzTAZPz/

111氏が言うには、砂漠が無くビルしかないので足立区ではないかという。

詳しいことは分からないが、祈る時間に流れる回教のものだろう。


そうしていたらジャナ姉貴が、お前の宗教はなんじゃいと言われたのだった

マジか、大丈夫なのか!?

たまに、アッラーに感謝
↓参照
http://ctrly.blog14.fc2.com/blog-entry-2973.html

と、わりと半分冗談のように言うのだが、アッラー罰が私に下ったのだ。

実際はエミリア教だが、ふざけていると思われる可能性があるので、世界救世教と言った
(エミリア教を始めるので一旦やめた、教えのパクリ元)

それは日本で有名なのですか?となったのでマイナーだと答えたり
比較的新しいやつなので、仏教とか神道、キリスト教とかのアイデアが混ざってると言ったら
仏教徒ですか?と来た、違うだわ。


そして、イスラム教で何か知ってることは何ですかと聞かれたので
ついに、禁断のワードを私は言ってしまったのだわ。


ジハード




そうしたら、テロリストについて知っていますか?と聞かれたので
ウサマ・ビンラディン ISIL

と書いたら


彼らは間違ってます、人を殺戮することは神が許しません、と返ってきたので



おお良かっただわ、セーフだったと思った。
銃で撃ちまくるゲームをやってるので、そういう可能性も考えられたのだわ。
裕福だからテロには行かないとヤンキー先輩は言っていたが
ウサマ・ビンラディン自体が、サウジアラビアの富豪だから、可能性はあった。

そしていくつかイスラム教について教えてくれた。
なんか歌の動画を教えてくれたので、どういう歌ですか?と聞いたら
歌じゃねえよコーランだよ、となった。


そして、ジャナ姉貴が言うには最後の審判(人類生き残り計画、死後の救済より
ハルマゲドンに近いニアンスだと思われる)
が発動するのだが
その時期は神にのみ分かるというのである。

それ、世界救世教にもあったやつや(後発なのでイスラム教とかキリスト教の方が先だが)

なので詳しく聞いたら。


最後の審判の時期は神にのみ分かる、しかし……予兆はある、と言うのである

予兆だと……、なんだそれは。


これです。


1-煙。
2-反キリスト
3-人と話す動物
4-太陽は西から昇る。
5-イサ・ビン・マリアム(エミリア駐・キリストの事らしい)の降下、
彼に平安あれ。
6-GogとMagogが表示されます。
7-日食は明るいです。
8-モロッコの日食。
9-アラビア半島での日食。
10-イエメンからの火事、人々が集まる。


これらのことが同時に起こるらしい。


1,2,3これは
明らかにネコバの事を指している
4の太陽は西から昇る
これは、天才バカボンである
実際は西から太陽がのぼりようがないので、ハルマゲドンなど
起こらないではないかとおもったが
バカボンがもうやってしまった。
もしくはミサイル的な何かであろう。

5……、これはよくわからない、パス

6創世記に出るキャラらしい

7日食は明るいです、どういうことであろうか
ロマンシングサガ3における死食だと思われる。

8モロッコの日食は、美輪明宏の手術

9死食

10くまぇり


総合するとネコバである。






イブン・アンナフィースという人を知っているのか?と聞いたら
ジャナ姉貴とマリアン姉貴は、知らねえと言ってた。アラビアの有名人や学者は全く知らないらしい。

じゃあなんだったんだこのゲームは……


https://twitter.com/marei_de_pon/status/1227022323884023808

そしてこの時代劇の動画を姉貴に見てもらった
日本は昔から狙撃銃やスコープがあった……!?

そうしたら、マリアン姉貴が
あなたはどう思いますか?
と返ってきたので

NO(この時代に火縄銃しか無い)
と答えたら

私はやってみたいですね、ビデオゲームでもいいから
銃型のコントローラーのゲームが街には無いと仰ったのだわ。

どうやら、どう思いますか?とは
人を撃ってみたいですか?という事だった。

江戸時代というのがいつ頃なのか、現代だと思われた可能性も。



そして、韓国のブルマ兄貴も仲間に加わった
非常に強いプレーヤーである。

普通に草を生やすコメントを使っていた。
寄稿アイコン4

◯年中ボケている猫がツッコミへの転身を企て霧散した

☆先週のあらすじ
やってやるです……
☆今週の寄稿
過去最大級に謎過ぎる怪文書

▼迷宮入り序文

ふと旧メール時代のマガジンをチラ読みしていて改めて思う。

当時はエミリア氏が寄稿者として忌憚なく「うおぉ」と吠えまくり、
111氏も返す刀でオーナーとして忌憚なくツッコミを入れまくっていた。
(もちろんその時々によって共感や関心もする)

あのやり取りとかバランス感とか割と好きだったなぁと。
今では111氏が寄稿してそれにエミリア氏が反応をする側……
などと思考しつつ、現在のエミマガの方の第1回を見ると、

>『そしてエミリアコラムにツッコミが不在となるヤバさが露呈されるのである。
  まあなんとかなるやろう。』

と書かれており、本人も留意していたことが伺える。
そりゃまあ冗談半分の文章だとは思うが、ヤバいのだった。

そうでんな、仮に今でも111氏がツッコミ側なら、
先週のエミ氏のあそことかにもツッコミ入れたのかなとかそういう。

でもあれです、誰であれツッコミ入れられるのを未然に防ぐのは
究極的には不可能なのであり……内部や外部からツッコミが入った時に、
受け入れられる、肯定出来る、否定出来る、そんな度量の方が多分大事にゃ。
あるいは自分で後からツッコミどころを探してみるとかね。

そういう部分はエミリア氏も111氏も強そう(何様
だからお互いオリャオリャと言い合えるわけですな、わーい。
もちろん猫は雑魚助。

~ここで地軸の傾きを若干修正~

私はチキンなのでツッコミとかほぼ無理だべ。

ツイッタランドでも基本傍観者ポジを取ろうとしているし、
「これはある程度ちゃんと考えたり調べたりしてみるか!」
「ん? これ、明らかに間違っているかもだわ?!」
と思った案件でも、一通り調べたりした後に「調べたな~」ってな感じで
自分の中である程度のスタンスとかを確定させるだけなのである。

SNS上で意見するとかのムーブは最低限に留めたり、そもそもしないことが多い。
鶏猫。

~デジョン~


▼ここから本文のはずだった

上記を受けてのとても長いコラムを書いていたのだが、筆が進まずまとまらず
書いたり消したり? こりゃあ納品出来ないですねえとなったのだった。

やべぇ、いつもギリギリに書いてるのはともかく、
書けないってのは初パターンだわ、どうすればいいんだ。

じゃあ掌編の小話で上書きして誤魔化すことにしようとなったのだった。何故。
掌編小説ってのは短編より更に短いやつとからしい。
某カザミさんがそんな文字列を呟いてるのを見て知ったんだな、93へぇ。

第一、どのくらいが短編でどのくらいが掌編なんだ。
小説公開マンとかじゃないのでそこからして分からんがな。

全てが謎すぎる。
いやほら、新聞とか雑誌とかって何かそういうのよく載ってるにゃん?
つまりマガジンの奇行で小話寄稿って割と普通っぽいですニャン?(吐血


▼謎寄稿本文

異世界掌編小説シリーズ(シリーズかよ)

~魔葬士ティリカと蒼送の雲~

「だからさ、一口に優しさと言っても、スベスベした優しさとかベトベトした優しさとか色々あると思うんだよね。ラサラはどう思う?」

「色々ある、ですか?」

どこか楽しそうに語りかけてきた彼女、
魔法葬儀演出士であるティリカさんに間の抜けた返答をしてしまう。

魔葬士といえば戦力にならない最下級の魔法使いがなる職業であり、
どこか暗いイメージも強いが、彼女にはそれを覆すような内側からの溌剌さがあるようだった。

歳はそう変わらないはずなのに、
滲み出る自信に触れると年上のようにすら感じてしまう。

「うん、例えば貴方のお父さんはキラキラした優しさの持ち主みたいだったから、
 最後はさ、小さな光魔法を青空いっぱいに散りばめて……
 そういうのが良いかなって、ちょっとあざとすぎるかな」

家族をかばって魔物に殺されてしまった父の葬儀。
単なる市井の人である父の人となりまで調べて演出の設計図を描いているティリカさんに、私は自然と好ましさを覚えていた。

「葬送の紅炎もこんなにたくさん置くんですね。
 前の村長さんのお葬式のときに来た魔葬士もやっていましたけど、
 数はこれの半分以下だったと思います、魔力は大丈夫なんですか?」
「任せといて、これでも魔神討伐隊の一員だったんだから」

えっ、と、思わず声に出してしまった。
単純に驚いたのもそうだが、もし本当なら高位の魔法使いのはずなので、
なんでこんなところで、こんなことをやっているのだろうかと思ったのだ。

「……冗談よ」

ティリカさんは、静かに背を向けてからそう言った。



葬儀はルミカミール教の様式で、緩やかに、そして賑やかに進んでいく。
とりわけ洗練された魔葬の技は人々の目を奪ったものだ。
私も、天井の高い聖堂の空を舞う鳥型の魔力塊などには驚かされた。

しかし信仰に熱心でなかった父に女神が悪戯心を発揮してしまったのか、
皆が外に出る段になってから、まるで巨人が泥靴で踏み荒らしていくかのように空は薄暗く染まり始める。

「この先の演出が少し無駄になっちゃいましたね」

共同の埋葬所へと向かう前、空を見ながらそうティリカさんに言葉をかける。
しかし慰めるつもりでかけたその想いを染み込ませる必要は、
彼女には無かったようだ。

「大丈夫、今日というこの日を暗いまま終わらせたりしないわ、ほらっ」

魔葬士は静かに言の葉を紡ぎ、両手を空にかざし、次の瞬間、
私の眼前はただひたすらに、青く、青く。

「ようやく笑ってくれた、ラサラ」

言われて振り向くと、彼女は嬉しそうに笑っていた。
自分もこんな風に笑えているのかと思うと、急に涙がこぼれ落ちてきた。

「私も結構調べたけどさ、本当はずっと辛かったんだよね?
 私が足手まといにならなきゃお父さんは死なずに済んだんだって、
 自分を責め続けていたんだよね」

沈黙、すなわち肯定。
私は人目をはばからず大声をあげて泣いた。
どうして私は、あの時、情けなくて、悔しくて、ひたすら惨めで。

私は私の嗚咽だけを聴いていた。
やけに周りが静かで、心も静かで、
上手く言えないのだけれど、それは私が私を待っているかのようだった。

「ほら、いつまでも泣いてないで、最後のあれ、いくよ」

ティリカさんの腕が光り、次に空が光った。
キラキラと白い優しさが空一面に踊って、私の心も踊るかのようで。

しばらくの間、私は一生懸命にそれを見ていた。
何故だかわからないけど、幸福感と焦燥感とを同時に感じながら、
それを目に焼き付けるように、必死に、必死に、空を見上げていた。


「ありがとうティリカさん、私、もう泣かないですから」

少し落ち着いた私は、もう一度なんとか笑顔を作り、
恥ずかしさを拭うように考える間もなく言葉を続ける。

「本当にありがとうございます。
 こんなに素敵な魔葬士が来てくれるなんて、
 貧乏な我が家には信じられないことで……」

そこまで言ってから、急速に思考が冷える。
冷えた温度のままぐるぐると頭の中を駆け巡り、やがて全てがはっきりとした。

二人共が、見つめあった。
二人共が、もう笑ってはいなかった。

そう、元々貧しかった私達家族は、
あの日からますます苦しい生活を送ることになった。
まだ小さかった私も働き始め、母も隣町に出稼ぎに出たりと苦労したものだ。

そのおかげで少しずつ余裕も出来てきていたけれども、
あの頃は当然、父の葬儀をまともにすることなんて出来なかったし、
ましてや魔葬士を呼ぶなんていう贅沢、そもそもするはずがない。

つまり、この夢のような光景は、かつて私が贖罪の意識から願った景色は、あの時まだ小さいはずの私がこうして大きいように、恐らく、きっと、夢なのであって。
そして本当の私は、今思い出したように、もう二度と夢も見れないのであって。


ティリカさんは私の様子をじっと見ていたけれど、
やがて初めて見せる表情で、どこかすがるように言った。

「ねえラサラ、私、上手くやれたかな」

ああ、こんな自信の無さそうな顔もするんだ。
彼女がようやく同年代の友達のように感じられた私は、
元気づけるように、自然と笑って頷いていた。

「魔葬士って凄いんだね。いや、きっとティリカが凄いんだよね。
 どんな魔法を使ったのか分からないけれど、
 私の心残りを無くすためにここまで来てくれたんだから」
「凄くなんてないよ。働き詰めだったせいで倒れて弱って、病気になっちゃうくらい頑張っちゃったラサラの方が、私なんかよりずっと偉いよ」

彼女も眩しい泣き笑いの表情でそう言ってくれた。

「ねえティリカ、なんだか暖かくて眠くて、とにかくええと、
 今はもう大丈夫だから、もうここで、終わってもいいって思えるから」
「……うん、分かった」

空を見上げた。
白い光は消えていたけれど、真っ青だったはずの空に雲が流れていた。
それは青い空に溶け込むようで、それを見ていると、意識も溶け込むように薄まっていく。いけない、駄目だ。

「「ありがとう」」

良かった、きちんと言えたから、これで―――



「意識に潜り込むなんてさぁ、アンタが凄いのは知ってるけど、
 通常の魔葬士の演出仕事に加えてサービスし過ぎじゃない?
 追加料金も取れなかったし……」
「エルシィ、手伝ってくれてるのは感謝してるけど、
 そういう守銭奴っぽいところ、私はどうかと思ってるからね」

ティリカと同僚であるエルシィは一仕事を終え帰路についていた。

「私だってお金だけじゃなくてやりがいのある仕事だと思ってるってば!
 ラサラちゃんだって、あんなに苦しそうな表情だったのに、
 最後は安らかな顔で逝けて良かったし、親族に感謝もされたじゃないの」

能天気に語る彼女だが、その実、親友の心労を少しでも減らそうとわざと軽い口調で話していることを、ティリカは知っていた。

「さあ、次の仕事場に行くわよ」
「ええ~、討ち漏らした魔神捜索の旅の方が性に合ってるんだけどな~」
「何言ってるの、今日からはそれも並行して不眠不休の勢いでやるのよ」
「……友達止めようかな……」




▼流れをぶった切り思い出したかのように唐突に始まる先週の反応コーナー

https://twitter.com/erontycoon/status/1226321153355968512

先週、レビューは歴史遺産だわとか言ってたら既に建造されていた模様。
よくよく考えれば、割と販売中止ってあるっぽいので当たり前であった。
でもマイナー物だとやっぱり残りにくいだろうな……創作物に光あれ。





----

おおお、やりますねぇ……!

ホワイト送り人だったのだわ、魔法を使って葬儀をする、呪術や心霊現象を扱わない魔法、現実的である
魔神は討ち漏らしていた。
連載の可能性はありそうだわ
ゴブリンの葬儀を人間がやるとどうなるのか?
森繁久彌の葬儀を人間がやるとどうなるのか?
気になりますねえ。
大塚英志がなんか本で、キャラクター小説には死が描けないとか書いてあったけど
そんなことはねえなだわ。


コラムより書くのが大変だぜ。
天声人語のようなものかと思ったが、天声人語が何だったのかもう覚えてなかっただわ。

111はコラムを書く側になるとなるべく突っ込まれないような抑えた事を書くので卑怯である。
むしろ、Twitterあたりでツッコミや叩きが私に来るのである。

叩けぇ~ 叩け~

叩けば 叩くほどなあ

銭が入ってくるんじゃああ(鶴瓶)
----

エミリアコラムコーナー 342回
パイプ(キセル)でタバコを吸うようになって10日位経った、100回くらい吸っただわ
そのせいか、通常のタバコではなんかイマイチ感すら出てきた、化粧水吸ってる感じである。(そんなものは吸ったこと無いが)
通常のタバコはフィルターというものが吸口に設置してあり、ニコチンとタールがそこを濾して吸う仕組みである
大体は10ミリと言われるタールが吸える、軽いタバコは1ミリくらいまで減る
タバコの葉っぱに何か工夫がしてあるのではなく、フィルターの密度でガッツリ減らされるのである
なので軽いタバコは吸ってもかなり減る、吸う力も多くなるのだ。

パイプで吸う場合、このフィルターが存在しないのでもろにタールとニコチンが入ってくるので
濃すぎるのである(逆に言うと通常のタバコはタールとニコチンを捨てているのでもったいない)
先週、ウーロン茶の茶葉を入れたら、ウーロン茶ヌルヌルが口の中に広がってやばかったと書いた。

そこでコーヒーの出がらしとか、レギュラーコーヒーを入れた。

出がらしと言っても水分を多量に含んでいるので、何か水タバコのような水蒸気が発生し吸うことになる
そしてコーヒーや吸い殻の苦い液体も吸う羽目になるのだ。

なのでウーロン茶の出がらしを入れる、そもそもなんで出がらし系を入れるのかというと、タバコの葉っぱだけだと
濃いからである、こいつらが曲者で火の着火がしにくくなる。
だが完全に乾燥したら付くようになるし、パイプの方に息を吹き込むと火が燃えるので、だんだん出来るようになる。

一回の吸う時に使う量がそもそもそこまで多くない上に、出がらしで水増しされてるので
かなり早いタバコの消費速度は下がった。

健康的にまずいかどうかは、不明である。
いやタールは普通に健康にまずい。
なので肺に吸い込んではあかん。


----
当ブロマガでは寄稿を募集しております。何も出ません。(ノベルティを作ったら出るかも)
広告もお待ちしております。(エロゲとか何でも)
来ないと偽広告か、無断で広告されます

ネコバTシャツ
https://ponpoko.booth.pm/items/1738215


----
礼門先生
https://ci-en.dlsite.com/creator/4605

111氏サイト
http://kirara111.sakura.ne.jp/top/


感想はメール emiliakuzyou@hotmail.co.jp




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エミリア九条 emiliakuzyou

フリーエリア
淫魔塔士リサヴェリ 近作 ありすの乳頭エロトラップダンジョン ミルクバースト!! 最強レズセックス部隊『ロリス♀ワン』がイク! スターパイズラー2~新たなる勃起 スターパイズラー v1.9 東方バトルファックジーコ ふたなり魔理沙は射精してからがキモチイイ変態女の子 淫魔シング・サガ ふたなり絶頂少女皇帝~クッキーの気持ちのいいダンジョン 1.13
うちのエロRPG


                                
黒竜騎さんの、エロRPG
最新コメント
カテゴリー
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ