ゆきゆきて2の立ち絵描く

ゆきゆきて2の立ち絵を描いた

ネリーデリス
主人公のとこのメイド、ネリーデリス

ネリーデリス2
命令でめくらねばならない

カルメラ立ち絵4
パッケージ主人公、カルメラ氏
刀はハードエロス氏に別の絵用に描いてもらったものを、配置

カルメラ立ち絵3
乳首にバンソコウを貼り忘れたカルメラ氏
しかし、おっぱいを恥ずかしがる年齢ではないのではないかと今気がついた。


ブタエモンの立ち絵を描くのを忘れた


ゆきゆきて2予告

日記

日記、あまりにもなんも書かなすぎたから

画像フォルダにあったものを

DDeD99yUQAANwUY.jpg
この前買った縛るフィギア
エロい
脱がせられるけど、着てる方が緊縛の人は好むらしい。

色んな人が作ってた
キャラ作成サイトの画像?
DDeyPGYUwAAbWxl.jpg
魔皇女エロRPGはどうなるんですかねえ・・・

DDfGiwvUwAAxv4y.jpg
DDj5nWdW0AAaOyQ.jpg
アルル
DDj3C4wXgAIoFUu.jpg
ずんこ。

日記、佐村河内DVD


佐村河内さんのドキュメントのDVDを見たものだわ
まだ、騒ぎが年末まで続いて、そこから夏にかけてまでを撮影したものだわ。

テレビ局とかの出演依頼で自宅に責任者が来るのとかが生々しい

ドキュメントながらどこかに嘘があるのではないかという考察が、上映時に言われていて

終盤の佐村河内氏自身が自力で作曲するシーンのこれが嘘ではないかと言われていた。


キーボード(楽器)で音色を変えて重ね録りして
パソコンとかDTM的な装置を使わないで完成した曲は
普通に鬼武者とか、本人が作曲したのと変わらん感じだった。

佐村河内式作曲法の、ノートにココを盛り上げるとか、グラフで構成して
作ったとされる例の方法は多分事実だと思った。

しかし、普通の人が聞いてもHIROSHIMAの様な完成度は、無いっぽいので
普通に合作だっただけなのでは。


作曲そのものは元々出来てて途中から難聴になったので、新垣さんに細かいとこを頼んだら
普通にクオリティが高かったので
新垣さんを頼るようになったという事なのでは無いだろうか。

https://www.sunday-webry.com/comics/manganarazumichi/
カービィの漫画の人の話にも近いものが。

アライアンス・アライブやる



アライアンス・アライブという3DSのRPGやってる
私がサガシリーズの分家と言っているレジェンドオブレガシーのシリーズと言う感じのものだわ
シリーズっぽいがシステムと効果音とかが継承されてるだけで、繋がりはない。
個人的に、閃いた技ごとにさらに攻撃力、防御、素早さのパラメーターが技を使う毎に成長する
システムが好きなのが残されていたのは良かったものだわ。修練という感じがするのだ。

レジェンドオブレガシーはシナリオがほぼ無く、高難易度の戦闘をするゲームだったのだが
アライアンス・アライブはどうしたのかというくらいシナリオ世界観重視で、奇抜すぎず平凡でもない
シナリオ面が強すぎてプレイヤーを置いていく事もなく
ゲームのプレイ進行と物語の進行が噛み合って推進力が高い
いわゆる私が言うRPG圧が高いという状態だわ。

アマゾンの批評に普通のRPGですね的な事が書いてあったが
私はそれをメガティブな意見じゃないんじゃないかなあと思う。昨今の状態を考えると。

名詞のセンスが帽子世界っぽい、あまりよく知らないがそう思った。


RPGをプレーするときの作法がやはりあって、前のめりにならないと頭で考えると面白くならない
少なくとも画面上で動かしてるキャラが、その場所でどう考えてるだろうとか、どういう気分でいるだろうかとか
想像できたとこに面白があるので
本来なら無意識でそれが出来るようになるか、そう無意識で感じ取る仕組みがあればいいのだが
歳なのか、ゲームの抽象度と想像力の問題なのか、ゲームをやりすぎたのか、機械の操作をやりすぎたのか
ゲームの表現とかデザインの問題なのかイマイチぱっと分からないとこなのだが。
鈍化してるのはあると思う。

コンプリート欲みたいな事や、練り込まれたゲーム性でこの鈍化の問題を誤魔化すのはもう無理なので
なんとかしないといけないんだけど、どうすればいいのかはっきりとしたとこが分からない難しさがある。

VRとかスイッチのコントローラーはそれを取り戻す劇薬になるかもしれないのだが
扱いを間違えると、飽きと鈍化の並が来そう。

アライアンス・アライブはその鈍化の問題を解決はしてないと思うのだが、気がついてはいるし
誤魔化す事は絶って逃げない勝負をしているのではないかなあ。

今更ドンキホーテみたいな事やってんのかという意見もありそうだけど、そうじゃねえんだよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ